岡山人妻風俗でアナルプレイ

仕事が終わり私の足は自然と岡山に向かっていた。この前、友人ととあるデリヘルにノリで行ったのだが、私は本格的にハマってしまった…。
そもそも、岡山という土地は風俗好きにとってはハズすことはできない。デリヘルのような一般的な風俗店も存在するのだが、メインはそこではない。フェチの聖地とも言われる岡山は性癖の数だけ、風俗店が存在する。しかも一店舗、一店舗のクオリティが高いのだ。まさに変態にとっては、楽園のような土地といえるだろう。

私は自分のことを変態だと思ったことがなかった。しかし、三ヶ月前に友達と行った人妻デリヘルで私は自分の変態さを知ることになる。
この日、友達に岡山で遊ぼうと呼び出しをされた。この友人とは何度か風俗で遊んでいたので、またか…。という感じだった。
「今日はさ、デリヘルってのに行ってみない?」
私はデリヘルというものをまったく知らなかった?
「痛くない? 大丈夫なん?」
「俺も行ったことないんだけど、風俗好きの先輩が風俗の中で一番気持ちいいのはデリヘルって言っててさ。これは行くしかないでしょ!岡山なら優良店がたくさんあるだろうしね。」
風俗情報サイトでNo.1のお店を見つけ、早速電話をした。フリー指名で入ったので、誰が来るのかはドキドキして待つことができる。

部屋で待っていると少し気が強そうないかにもお姉さまのような女性が入ってきた。簡単な挨拶を済ませ、一緒にシャワーを浴びる。ここまでは普通の風俗と一緒だろう。
「お兄さん、デリヘル初めてでしょ? ウチは岡山の中でも人気のデリヘルだから絶対ハマるよ。まずは四つん這いになっちゃおうか?」
風俗で四つん這いになるのは初めてだ。恥ずかしさは最高潮…アナルに息が当たりくすぐったさが気持ちいい。
そして、ゆっくりとアナルをイジられる。これはイイぞ!デリヘルイイ! 岡山イイ!
それから指を入れ、息子もしごかれる。確かに普通の風俗では味わえない、快感を得られる。そして最後はディルドでアナルを攻められた。

プレイが終わり友人と喫茶店で話した。友人も大満足でまた行きたいと盛り上がっていた。
そしてまた、来週に岡山に集まり、デリヘルに行こうと約束をした。
帰ってからも、デリヘルのことばかり考えてしまい、何も手につかない。そして、私は翌日また岡山に足を運んでいた。そして2日連続デリヘルで絶頂を迎えた。

この快感は文字では表すことは難しい。私も行く前までは痛いのはないか、Mの男性しか楽しめないのはないかと思っていた。しかし、一度足をその世界に踏み入れてしまえば後に戻ることはできないだろう。